自動車情報

車のバッテリーはどう処分する?廃棄方法について車のプロが解説!

どうも、整備士のナノです!

 

DIYでバッテリー交換したけど、

交換したバッテリーはどうすればいいの?

バッテリーの交換方法はコチラ

 

と疑問に思っている人も多いのでは無いでしょうか?

 

バッテリーは普段の生活じゃでないゴミなので、

処分の方法について困ってしまいますよね。

 

車のバッテリーには鉛や希硫酸など人体に悪影響を及ぼす物質で出来ています。

 

そのため家庭ごみとして普通通り捨てることが出来ません

 

なのでバッテリーを処分する時は、

  • 自分で業者に持ち込む
  • 回収業者に来てもらう

この2つのどちらかで処分します。

 

ということで今回の記事では、

バッテリーの処分方法について

詳しく解説していきたいと思います!

家庭用ゴミでは捨てられない

冒頭でも説明した通り、

バッテリーは家庭用のゴミでは捨てられません。

 

 

バッテリーは鉛や希硫酸などの有害物質で構成されていて、

金属が当たったりすると放電してしまったり危険なので

特殊ゴミに指定されています。

 

そのため廃棄するには他の方法で廃棄しないと行けないのです。

自分で廃棄する方法

バッテリーを自分で廃棄するにはお店に持ち込むしかありません。

 

ほとんどの場合、バッテリーを購入した店舗にて

無料で回収サービスを行っている場合があります。

 

またガソリンスタンドでも、

頼んでみたら引き取ってくれることもあるので、

話だけでもしてみると良いと思います。

 

実際に僕が専門学生の頃、

友達のバッテリー交換をした時ガソリンスタンドにお願いをして

バッテリーを無料で引き取ってもらったことがあります。

 

しかし場合によっては断られたり料金を請求されたりします。

 

ですがどうせ持っていても廃棄できないので。

お金を払ってでも廃棄してもらいしょう。

バッテリーを買い取ってもらう

バッテリーは再生可能な資源なので、

買い取ってくれる業者があります

 

銅線などそのほかのゴミも、

kg/~円と言った形で買い取ってくれます。

 

近くに買い取ってくれる業者があるのであれば、

お金が掛からずむしろ少しもらえるので買い取ってもらいましょう。

回収業車者にお願いをする

回収業者にお願いをすれば自分で行く手間を省けます。

 

またバッテリーであれば買取業者同様に、

買い取ってもらえることが多いです。

 

その他の不良品も一緒に回収してもらえる業者さんばっかりなので、

これを機に他のゴミもまとめて処分してしまっても良いかもしれません。

 

回収業者を使う時は

出張してきてもらえる日時までに

廃品をまとめておくとスムーズだと思います。

バッテリーを処分する時の注意点

先程も解説したようにバッテリーは有害物質で構成されています。

 

その中でも希硫酸は肌に触れると異常を起こす可能性もあるので、

倒したりして液が漏れないように注意しましょう。

 

またバッテリーは蓄電池なので、

プラス端子とマイナス端子に金属が触れると電気が流れます。

 

電気が流れると火花が生じて発火する恐れもあります。

 

バッテリーを処分する時まで、

端子にビニールテープを巻くなどして

絶縁処理をしておくのが良いと思います。

まとめ

今回はバッテリーの処分方法について解説しました。

 

バッテリーの処分方法には

  • 自分でお店に持ち込む
  • 回収業者にお願いする

の2つの方法があります。

 

手間がかからないし持ち運びの危険性も無いので、

僕的には回収業者にお願いした方が良いと思います。

 

そんなに頻繁に処分するものでもないので、

しっかり処分方法を理解して適切な処分をしましょう!

 

今回の記事がバッテリーの廃棄について悩んでいる人の参考になれば幸いです。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定