自動車情報

【基礎知識】エンジンオイルって何が良いの?迷うなら純正オイルがいい!

どうも、整備士のナノです。

 

色んなエンジンオイルがあるけど、どんなエンジンオイルが良いの?

と疑問に思っている方って結構多いのではないでしょうか。

 

最初に答えを言います。

純正オイルが1番良いです。

 

ってこれだけで終わらせることも出来るのですが、

なぜ純正オイルが1番良いのか?

がわからないですよね。

 

今回の記事ではそのなぜ?の部分について解説していきたいと思います。

 

早速エンジンオイルを交換したい人はコチラ!

純正オイルとはなにか?

純正オイルとは、

自動車メーカーがエンジンや仕様に応じて決めた純正のオイル

のことを指します。

 

ただ純正オイルと言っても、

メーカーが出しているオイルがすべて純正オイルなのではなくて、

その車種によって純正オイルは違います。

 

自分の車の純正オイルは車の説明書などに書いてあるので

それをみれば分かると思います。

純正オイルは間違いない

僕が純正オイルを勧める理由は

純正オイルをいれておけば間違いないからです。

 

確かに純正オイルを上回る性能のエンジンオイルは数多くあります。

むしろそっちの方が多いのかも知れません。

 

純正オイルの数値より平均的に高いエンジンオイルであれば問題ないのですが、

これだけ種類があるエンジンオイルからそれを見分けるのは大変ですよね。

 

というのも高性能エンジンオイルと言われるものの中には

ある環境下や条件下で優れているエンジンオイルが多いのです。

 

例えば

  • スポーツ走行の時
  • 低燃費オイル

など。

 

エンジンの回転数を目一杯あげてスピードを出したりするスポーツ走行のときに、

高性能なエンジンオイルは重宝するけど

一般道で普通に走る分にはオーバースペックですよね。

 

そのため高性能エンジンオイルは、街乗りユーザーにとっては性能が高く

価格も高いので損をしてしまうのです。

 

低燃費オイルは粘度を低くしてエンジンを回りやすくして燃費を抑えるオイルです。

 

ですが古い車にはその粘度が合わないこともあります。

 

そういうことを踏まえると純正のエンジンオイルは、

その車の純正ということだから間違いないエンジンオイルと言えるのです。

 

そのため僕は純正エンジンオイルを勧めているのです。

 

エンジンオイルで悩むことより大切なこと

純正オイルは間違いない選択肢だから僕はオススメしているのですが、

実は僕がオススメする理由はもう一つあります。

 

それは、

どのエンジンオイルを使うかで悩むより交換することが大切!

だからです。

 

 

エンジンオイルは本当に色んなメーカーが出していて価格帯も性能も特徴も様々です。

 

中には本当に性能がよくコスパもいいエンジンオイルがあるのも事実です。

 

その時の値段の変動もありコスパの良いエンジンオイルが高くなっていたり、

車種によって合わないから勧めないということもあることはあるのですが、

それでも僕は人にオイルを勧めるときは、純正エンジンオイルをオススメします。

 

エンジンオイルの選択に悩んでしまって、

エンジンオイルの交換が疎かになってしまうくらいなら、

悩まない純正オイルの方がいいと思うからです

まとめ

実際の所良いエンジンオイルを入れたからといって、

オイル交換時期が延びるなんて事はありません。

 

1番重要なのは如何に良いエンジンオイルを入れるか?よりも

如何に適切な時期に定期的なエンジンオイル交換をするか?

の方が大切です。

車はエンジンオイルだけでも交換すべし!【整備士監修】

 

だから僕はメーカーがそれなりのテストをした、

間違いない純正エンジンオイルを勧めるのです。

 

実際性能が悪いってわけではないですし。

 

むしろどこが作っているか分からない低価格のエンジンオイルより、

純正エンジンオイルの方が断然安心できます。

 

エンジンオイル交換の習慣がついた上で

自分の車にあった性能の良いエンジンオイルを見つけるのが良いと思います。

 

それまでに悩むのであれば純正のエンジンオイルで十分です。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定