自動車情報

カーシャンプーにはどんな種類がある?特徴や選び方を解説!

どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。

 

手洗い洗車の時に必ず使うのがカーシャンプーですよね。

そんなカーシャンプーですが、様々な種類があったのを知っていますか?

たくさんの種類があるカーシャンプーですが、その中には目的別の種類が存在しています。

今回の記事では、そんなカーシャンプーの種類や特徴、選び方について解説していきたいと思います!

カーシャンプーとは?

カーシャンプーは車を洗浄するときに使う、車専用の洗剤の事を言います。

いろんなメーカーからいろんな商品が出てきていますが、基本的には車をより綺麗にするために使うものです。

原液のまま使用できるカーシャンプーもあれば、水に薄めて使うタイプのカーシャンプーが合ったりして使い方も様々です。

またカーシャンプーには泡立ちが良いものや、すぐ水で流せるものなど種類がたくさんあり、成分によっては撥水やワックスになったりするものもあるのです。

自分の用途にあった適切なカーシャンプーを選ぶ必要があるので、次の項目ではカーシャンプーの種類について解説します。

カーシャンプーの種類

カーシャンプーには用途や使い方に合わせて、成分や内容液を大きく変えた種類がいくつかあります。

  • 洗剤だけの普通のカーシャンプー
  • ワックス入りカーシャンプー
  • 研磨剤入りカーシャンプー
  • 色指定されたカーシャンプー

大きく分けて4つもあります。

一つずつ成分や使う用途の解説をしていきます。

洗剤だけのカーシャンプー

洗剤だけのカーシャンプーとは、洗浄成分しかカーシャンプーに入っていないもののことを言います。

そのため純粋に車を綺麗にしたい人や、コーティングがかかっている車の洗車につかう事ができます。

また洗車後にワックスやコーティングをかけようとしている人の下地処理にも使うことができ、一番汎用性が高いカーシャンプーです。

洗剤の成分しかないため価格が安いのも特徴で、このシャンプーを元にいろんなカーシャンプーが出来ています。

ワックス入りカーシャンプー

ワックス入りのカーシャンプーとは、普通のカーシャンプーに撥水成分やコーティング成分が入ったワックスが配合されているカーシャンプーです。

カーシャンプーを使って行う手洗い洗車では、車を洗った後綺麗になったボディにコーティングやワックス掛ける場合がほとんどです。

ワックスやコーティングを掛けることで車の塗装面に艶を出しボディが劣化しにくくなったり、汚れがつきにくくなったり、撥水や疎水性能のおかげで水を弾くことが可能になります。

ですがワックスなどを車に施工するのは結構手間がかかります。

場合によっては手洗い洗車より時間が掛かってしまうので、ワックスの施工めんどくさがる人も多く居ます。

そんな時に使えるのがワックス入りのカーシャンプーで、ワックス施工がめんどくさい方や時間が無くてワックス施工を出来ない人に多く愛用されています。

値段はワックス成分が入っている分、洗剤だけのカーシャンプーより割高になってしまいますが、様々なメーカーが一番力を入れているカーシャンプーの種類です。

そのため商品がたくさんあり色んな選択肢があるのも特徴です。

車のコーティングのオススメは?種類別にまとめて整備士が解説!どうも、整備士のナノです。 車を綺麗な状態のまま乗るには 洗車だけでなくコーティングも必要です。 コー...

研磨剤入りカーシャンプー

研磨剤入りのカーシャンプーは、水垢などを汚すためにカーシャンプーに研磨剤(コンパウンド)が含まれているシャンプーです。

車のボディをコーティングやワックスで撥水していても、水分が表面に留まってしまい水垢や水の跡が出来てしまいます。

そんな水垢を洗車して規定にしながら、研磨剤によって落とすのがこのカーシャンプーの特徴です。

これにより車のボディのワックスなども一緒に削られてしまうし、力を入れすぎると塗装面に傷が入ってしまうので使い方には注意しなくてはならないカーシャンプーです。

使えるボディ色が指定されているカーシャンプー

カーシャンプーの中には、使えるボディの色が指定されているカーシャンプーが存在しています。

主に黒専用のカーシャンプーや白専用カーシャンプーなどがあります。

これは色によって研磨剤の分量や使う成分を最適化する狙いがあり、違う色指定のカーシャンプーを使ってしまうと、車に傷が入ったりしてしまいます。

車の色に合わせたカーシャンプーを選んで使用しなければならないので、選ぶ際は指定色があるのか?を確認した上で自分の車にあったカーシャンプーを選ばなければいけません。

カーシャンプーの選び方

カーシャンプーの中でオススメなのが、ワックス入りシャンプーです。

ワックス入りシャンプーは車の色などに左右されず、どんな車でもある程度綺麗にすることが出来るからです。

ワックス入りのカーシャンプーを選ぶときは

  • 泡切れ
  • 撥水性能
  • 希釈タイプ

この3点で選ぶのがいいです。

日常的に使うワックス入りカーシャンプーで泡切れが悪いと洗車時間が伸びてしまうし、洗車泡が乾いてしまい逆に車が汚れてしまったりします。

またせっかくワックス入りを選んでいるのに艶が出なかったり、撥水性能が悪いと意味がありません。

撥水の性能とボディの汚れにくさは雨を弾くという点で比例していくものなので、撥水性のが高いと車はより綺麗になります。

さらに撥水性能が高いものは艶もよく出るので、車をより綺麗に魅せることが出来ます

そのため撥水性能は選ぶ時に重要な指針になります。

原液仕様タイプではなく希釈タイプを選ぶことで、カーシャンプーを使える回数が増えてコスパが良いので希釈タイプを選んだ方が良いです。

まとめ

今回の記事では、カーシャンプーの種類や特徴などについて解説しました。

カーシャンプーには様々な種類があって、色んな特徴を持ったカーシャンプーがあることが分かって貰えたと思います。

カーシャンプーは内容量が多く何回でも使えるので、基本的に選ぶときは日常的に使えそうなカーシャンプーを選ぶと良いです。

そんな中で僕のオススメは、ワックス入りのカーシャンプーです。

カーシャンプーの種類や特徴を、選び方を知ることで車を綺麗に保てて更にドライブが楽しくなと思うので、しっかり確認して自分に合うカーシャンプーを使いましょう!

今回の記事がカーシャンプーについて悩んでいる人の参考になれば幸いです。

洗車は1番簡単なメンテナンス!整備士が解説する洗車をすべき理由とは?どうも、整備士のナノです。 みなさんは自分の車を洗車していますか? 車をキレイに保ちたいけど、面倒くさくてそのまま放置してし...
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定