自動車情報

車検に必要な物ってなに?必要書類や準備すべきものを解説!

どうも、整備士のナノです。

 

2年毎に必ず受ける車検。

 

車検は毎年受けるものではないので、

必要なものがわからなくなってしまいませんか?

 

そんな人のために今回の記事では、

  • 車検時に必要な書類
  • 準備すべきもの

について解説していきたいと思います。

車検に必要な書類

車検時に必要な書類はいくつかあります。

 

車検に必要な書類

・車検証(自動車検査証)

・自賠責保険証

・自動車税納税証明書

これがないと車検を受けることが出来ません。

 

一つずつ解説していくので、

しっかりチェックして車検に望みましょう!

車検証(自動車検査証)

車検証」とは、車が法律の定める保安基準に適合しているかを証明するための書類です。

 

車の型式や登録日、所有者情報などが記載されています。

 

基本的に車の中に入っているので心配いらないです。

 

ほとんどの方は購入時に一緒に渡された車検証入れと一緒になって、

助手席のグローブボックス内に保管されていると思います。

自賠責保険証

自賠責保険証」とは、自動車の所有者が必ず入らなければいけない保険のことで

正式名称は自動車損害賠償責任(自賠責)保険と言います。

 

加入者情報や、有効期限などが記載されています。

 

基本的に車検の有効期限と一緒になっているか、

それより1ヶ月多めに加入していたりするものなので、

期限に関しては心配する必要はないです。

 

また車検証同様に、車検証入れの中に一緒に入っていることが多いです。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書」とは、

毎年自動車の使用者に来る自動車税を納税したかどうか確認するための書類です。

 

郵便で送られてきて、期限内までならコンビニで払ったり出来るアレです。

 

注意しておかなければならないのがこの書類で、

納税する時に必要な紙の半券部分が必要なので無くさないようにしましょう。

 

また支払い忘れているケースもあるので注意しましょう。

 

自動車税納税証明書は車検を受ける月によって去年のが必要なのか、

今年のが必要なのかが分かれます。

 

6月以降に車検月があるのであれば今年のが必要で、

1~5月までが車検月なら去年のが必要になります。

 

このあたりはややこしいので、

毎年納税したらそのまま車検証入れにしまって、

他の必要書類と一緒にしておくといいと思います。

車検時に準備すべきもの

車検時に準備するものは書類より多くなります。

 

車検時に準備すべきもの

・車検代

・印鑑

・自動車保険証(任意)

・使いたい油種類や部品

・ロックナットソケット

これは車検時に必ずしも必要なものではないのですが、

僕だったら持っていくものを含めて準備すべきものでまとめています。

 

それでは解説していきます。

車検代

車検代はいくら位かかるのかわからないと思うので、

持っていくのか持っていかないのか判断が難しいところです。

 

中には「車検の法定費用だけ前払い」の車屋さんがあるので注意が必要です。

 

ある程度のまとまったお金は準備して待っていくと安心だと思います。

印鑑

印鑑はなんかあった時のために準備しておいた方が良いと思います。

 

車屋さんによっては見積もり書の確認のときや、

代車の貸出の際に必要になることもあります。

 

カバンの中に忍ばせときましょう。

自動車保険証(任意)

これは自賠責保険とごっちゃになる人が多いのですが、

任意保険と言われるもののことです。

 

年間まとめてだったり月ごとに支払いしている保険のことです。

 

なぜこれが準備すべきものなのかというと、

代車を使う際にこの保険を使用する場合があるからです。

 

車検時に車を預ける事になると代車を借りるひとが多いと思います。

 

多くの場合代車で走行中もしものことがあった時には、

ユーザーさんが加入している自動車保険を使うことになります。

 

そのため代車を借りる際に提出や提示を求められる可能性があるので

任意保険の証券は準備しておくと良いと思います。

使いたい油種類や部品

これは準備すべきというよりかは、使いたいのであれば準備したほうが良いと思います。

 

僕の場合は自分でやってしまうのですがもし車検を他の車屋さんで頼むとしたら、

自分が使っているエンジンオイルを持っていって「これをいれてください」と頼みます。

 

お店の方に依頼して取り寄せてもらうのも良いのですが、

ネットなどで安く買えるのであれば自分で用意します。

 

もし自分が使っているエンジンオイルや、

交換してもらいたい部品があるのであれば自分で準備することをオススメします。

ロックナットソケット

これはだいぶ一部の人に限定されてしまうのですが、

自分のホイールのナットに盗難防止用のロックナットを付けているのであれば

それにあうロックナットソケットを準備しましょう。

 

車検整備の時にロックナットソケットがないと整備が進みません。

 

そうなると困ってしまうので、

ロックナットがついているユーザーさんはソケットも予め準備しておきましょう!

 

ロックナットがついている人は準備すべきではなく必須です!

まとめ

今回は車検時に必要なものと準備すべきものを紹介しました。

 

必要な書類はどこの車屋さんで車検を受けるにしても

必ず必要なので忘れないようにしましょう!

 

車検証と自賠責保険は車検証入れにまとめて入っていることが多いので安心ですが、

自動車税納税証明書は支払い忘れや証明書が紛失してしまったりなどが、

よくあるので注意が必要です。

 

準備すべきものは車検を受ける車屋さんや、

ユーザーさんの状況によって変わるので、

当てはまるのであれば準備しましょう。

 

車検代と印鑑、自動車保険証は準備しておいて損はないと思います。

 

今回の記事が車検時に必要なものを知りたい人の参考になれば幸いです。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定