自動車情報

車はエンジンオイルだけでも交換すべし!【整備士監修】

どうも、整備士のナノです。

 

みなさんは車のメンテナンスを行っていますか?

 

多くの人は購入したお店でそのままメンテナンスパックに入っていると思います。

 

このメンテナンスパックなどの商品には定期点検ごと(6ヶ月ごと)にエンジンオイルの交換が組み込まれているので安心なのですが、

問題はメンテナンスパックなどの定期点検を行ってないユーザーさんです。

 

車検のときにしか整備工場に出さない人、現場で見ていると結構いらっしゃるんですよね。

 

もちろんメンテナンスパックなどの定期点検をしたほうが良いのですが、

それに加入しないユーザーさんはエンジンオイルだけでも交換することをオススメします。

 

というか交換すべきです。

 

なぜエンジンオイルだけでも交換したほうがいいのか?と思いますよね。

 

今回の記事ではその理由を解説していきます。

特に損しない理由では整備士目線でぶっちゃけた内容を解説しています。

現役整備士が解説する車の最低限メンテナンス3選!!!どうも、現役整備士のナノです。 あなたは自分の車を持っていますか? その車、しっかりメンテナンスできていますか? ...

エンジンオイルの役割

そもそもエンジンオイルの役割を知っていないと、

エンジンオイルを交換すべき理由が見えてこないですよね。

 

エンジンオイルの役割は主に5つあります。

  • 各部品を潤滑する(潤滑作用
  • エンジンの汚れを取り込む(洗浄作用
  • エンジンの熱を冷却する(冷却作用
  • エンジンをサビから守る(防錆作用
  • エンジン内部の気密性を保つ(密封作用

 

エンジンオイルを交換しないとこれらの効果が失われてきて、段々エンジンを壊していくことになります。

エンジンオイルを交換しないことで壊れる原因

上で5つの役割を紹介しましたが、なぜ壊れていくのかをイメージしやすい潤滑作用洗浄作用で解説していきたいと思います。

 

各部品が潤滑されず壊れる

潤滑作用とは、エンジンオイルの効果によってエンジン内部の金属部品たちに油膜を張って(オイルでコーテイング)各部品たちが過度に摩耗しすぎないようにしています。

 

エンジンオイルを交換しないと、

エンジン内部の金属部品が部品同士で摩耗しあって本来の動きをしなくなってしまいます。

 

そうならないためにも油膜を張って、

エンジン内部の金属部品をオイルによって潤滑し続けないとなりません。

 

エンジンオイルが汚れすぎて壊れる

エンジンは常に内部でガソリンを燃焼させて動いていて、

その際の出る様々な汚れをエンジンオイルが吸収してくれています。

これを洗浄作用と言います。

 

エンジンオイルを交換しなければ、エンジン内部の汚れはエンジンオイルだけで吸収しきれなくなり、エンジンの性能を低下させてしまうのです。

 

エンジン性能の低下を防ぎ、エンジン内部をキレイな状態で維持するためにもエンジンオイルを交換しないといけないのです。

 

エンジンオイルを交換することで損しない理由

エンジンオイルの役割となぜ交換しないと壊れてしまうのかを見て、

エンジンオイルを交換すべき理由がわかったと思います。

 

しかし僕がエンジンオイルだけでも交換すべきという理由は他にもあります。

 

もちろんエンジンオイル交換は先程解説した理由からみても分かる通り、

カーメンテナンス上最も必要であることは間違いありません。

 

ですが整備士や車屋さん側はどうでしょうか?

 

ユーザーさんはエンジンが壊れると基本的にエンジン交換か、乗り換えを検討されると思います。

 

実は整備士と車の営業さん的には美味しい展開なんですよね。

 

営業さん的には乗り換えになって車が売れれば大きな利益になりますし、整備士的にみるとエンジン交換は大きな整備(重整備)になるので工賃が高くなり利益率がいいんです。

 

営業さんも整備士もその分時間と手間は取られるのですが、利益になることは間違いありません。

 

逆に車のユーザーさん目線から見ると、どっちに転んでも大きな出費になります。

 

これはユーザー側にとって大きな損失ですよね。

 

その損をしないためにエンジンオイル交換だけでもするべきなのです!!!

 

過走行によるエンジンの破損などももちろんあるのですが、

エンジンの破損原因の殆どは、エンジンオイル交換をしていないことが原因です。

 

つまり逆を言うと

エンジンオイルさえ定期的に交換していればエンジンの破損を防げることになるのです!

 

 

なのでエンジンオイルを交換することは損しない理由と言えるのです。

まとめ

今回はエンジンオイル交換について整備士がすべき理由を解説してきました。

 

序盤は割とありきたりな話になってしまったけど、

終盤で結構ぶっちゃけた内容になったのではないかと思いますw

 

エンジンオイルの交換が必要な理由は

  • 役割を失わせないため
  • 壊さないため
  • 損しないため

とまとめられます。

 

まとめをみても交換すべきなのは一目瞭然ですね。

 

せめてエンジンオイルだけでも交換しましょう!!

 

今回の記事で「これからはちゃんとエンジンオイル交換を行おう」という気持ちになる人が一人でも増えれば幸いです。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定