自動車情報

煽り運転対策や事故に備えたドライブレコーダーの選び方とは?便利な機能も解説!

どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。

 

ここ数年で急速に世間に広まったドライブレコーダー。

最近では煽り運転の影響もあり、さらにドライブレコーダーの需要は高まっています。

ドラレコ需要が高まるにつれて、色んなメーカーから次々とドラレコが発売されていますが、何を基準に選べば良いのか分からないですよね。

 

ドライブレコーダーの選びでは

  • 画質
  • 品質
  • 範囲

この3つがとても重要となり、その後に便利な機能が大切になってきます。

また煽り運転対策や事故に備えたドラレコとなると、リアカメラ付き(2カメラ)・衝突感知機能(イベント録画)などは必須の項目となって来ます。

今回の記事ではそんなドライブレコーダーの選び方や煽り運転対策などに適したドラレコの解説をしていきたいと思います!

ドライブレコーダーの取付費用はいくら?安く取り付ける方法はなに?どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。 ここ最近取り付ける人が増えているのがドライブレコーダー。 事...

ドライブレコーダーの必要性

ここ数年で急速に広まったドライブレコーダーですが、取り付けることの最大の利点は自己防衛が出来ることです。

ドライブレコーダーを取り付けていると、事故やトラブルに巻き込まれた時でもその映像が状況証拠となり自分を守ってくれます。

特に事故の場合では明らかに相手が悪いのにも関わらず、目撃者が居なかったり証拠がないため、どちらに非があるのか証明できず事故相手と揉めたりすることがあります。

また最近問題となっている煽り運転にも、リアカメラがあればそれ自体が対策となるため、なにかトラブルに巻き込まれても安心です。

煽り運転や事故などのトラブルには「双方の記憶より確かな記録」が重要なので、今の時代ドライブレコーダーを取り付けることは大切だと思います。

ドライブレコーダーの選びで重要なところ

ドライブレコーダーを選ぶ時に一番重要なのは

  • 画質
  • 品質
  • 範囲

この3つです。

意外と便利機能にばかり目が行きがちですが、基本の性能としてこれらがある程度ないと、どのドライブレコーダーはつけていても意味が無いものになってしまいます。

そのため一つずつ解説していきます。

ドライブレコーダー選びで重要な【画質】

ドライブレコーダー選ぶ時に画質は重要です。

ドライブレコーダーの目的とは何か合った時の自己防衛なので、緊急時には証拠として動画を見ることになります。

そのときにこの画質が悪いと証拠として認められなかったりするので、画質というのはとても重要な要素になってきます。

ドライブレコーダー選びで重要な【品質】

色んなメーカーがドライブレコーダーを発売しているので、ドライブレコーダーの品質は選ぶ時に大切な指針となります。

値段だけで選んでしまうと、海外製で寿命が短く品質が悪いものに当たってしまうこともよくあります。

どの電化製品と一緒でドライブレコーダーも日本のメーカーであれば基本的に品質は高いです。

また大手企業が発売しているドライブレコーダーは、品質保証として保証期間を設けているのでそれを参考に品質を見ても良いかもしれません。

ドライブレコーダー選びで重要な【範囲】

ドライブレコーダーの描写範囲は意外と軽視されがちなのですが、とても重要な部分です。

ドライブレコーダーの取り付け位置によって多少の変化はありますが、ドライブレコーダーが録画出来る画角や範囲はとても重要で、これが狭いと取りつけていても映像が取れていない場合があります。

大事な場面でそれは避けたいので、出来るだけ車前方180度全てが見える広角レンズのドライブレコーダーを買うと良いと思います。

ドライブレコーダーの便利機能での選び方

ドライブレコーダーには様々な便利機能がついています。

  • 衝突感知機能
  • ノイズ対策
  • 自動的に古い動画から順からに上書きで録画する機能

などこれ以外にも様々な機能があります。

衝突感知機能がついていないと、車が衝突したときの動画が埋もれてしまったりしてしまうし、古い動画を上書きで録画してくれる機能がついていないとメモリーがパンパンになっていざという時に使えないなんてこともあります。

またノイズ対策が行われて居ないドライブレコーダーを取り付けると、カーナビのテレビの電波に干渉してしまうので、対策品を購入したほうが良いと思います。

カーナビのテレビ電波状況が悪い?ドラレコのノイズや対処法について解説!どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。 今の車ほとんどについているカーナビ。 そんなカーナビで見るテレビの電波が...

特に煽り運転対策や事故を気にする人は、なにか合ったときのために衝突感知機能付きのドライブレコーダーが選ぶと良くて、更にリアカメラがついているモデルだとどちらのトラブルにも柔軟に対応することが出来るためオススメです。

また最近では更にトラブル防止を目指して、駐車管理システムを搭載したモデルも増えて来ているので、駐車中の当て逃げなどにも対応したい人はそれらのモデルを買うと良いと思います。

オススメのドライブレコーダー【DRV-MR740(KENWOOD)】

煽り運転対策や事故の時のために備えるドライブレコーダーとして僕がオススメするのは、【DRV-MR740(KENWOOD)】です。

このドライブレコーダーは、KENWOOD(ケンウッド)というナビやオーディオなどのカーマルチメディア機器を販売している国内の大手メーカーから発売されているドライブレコーダーです。

ドライブレコーダー選びで重要になる

  • 画質
  • 品質
  • 範囲

これら3つは国内の大手メーカーだけあって、ドライブレコーダーの業界最高水準の性能を誇っています。

またリアカメラ付きのモデルで、衝突感知機能を使ったイベント録画や日頃のドライブをサポートする運転支援機能などの便利機能も充実しています。

特にすごいのがノイズ対策の機能で、カーナビを出している大手メーカーだけあって、カーナビのテレビなどに電波干渉することが殆ど無いです。

煽り運転対策や事故に備えるドライブレコーダーとしてとても性能が高く、安心して使うことが出来るので【DRV-MR740(KENWOOD)】はオススメのドライブレコーダーです。

 

このドライブレコーダーをネットで購入して、取り付けをまた別の場所にお願いするとお得にドライブレコーダーの取り付けまで出来るかもしれません。

ドライブレコーダーの取付費用はいくら?安く取り付ける方法はなに?どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。 ここ最近取り付ける人が増えているのがドライブレコーダー。 事...

 

今回の記事がドライブレコーダーの選び方に迷っている人や、煽り運転対策などをしたい人の参考になれば幸いです。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定