自動車情報

スタットレスタイヤはどうやって選ぶ?選ぶ時の基準やオススメの買い方を解説!

どうも、自動車整備士のナノ(@nanoj5512)です。

 

冬になると路面は夏と比べ物にならないくらい滑りやすくなります。

というのも冬になると

  • 外気温が低下して路面が凍結する
  • 雪が降って積もってしまう(積雪路)

となってからです。

そんな冬本番になる前に選んでおきたいスタットレスタイヤ。

ですが実際の所どうやって選べばいいか分からないですよね?

夏タイヤと違い冬タイヤは明確な目的があるし、季節限定で使うタイヤなので中々選びにくいですよね。

そんな人のために今回の記事では、スタットレスタイヤを選ぶ時の基準やオススメの買い方について解説していきたいと思います!

ノーマルタイヤからスタットレスタイヤに履き替える時期はいつ?どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。 秋の終わり頃になると意識しだすのがスタットレスタイヤへの履き替え。 ...

スタットレスタイヤを選ぶ基準

普通の夏タイヤを選ぶときは寿命ドライ性能・ウェット性能などを含めて選ぶと思います。

夏タイヤと比べると種類が少ないスタットレスタイヤですが、季節や用途が限られている分夏タイヤより選ぶのが難しいです。

そんなスタットレスタイヤですが、夏タイヤ同様に選ぶ時の基準があります。

  • 性能
  • メーカー
  • 価格

この3つです。

このスタットレスタイヤを選ぶ時の基準について一つずつ詳しく解説していきます。

スタットレスタイヤを性能で選ぶ

スタットレスタイヤには明確な用途があります。

それは「凍った路面や雪が積もっている路面でも安全に走行する」というものです。

この凍った路面を走る性能を氷上性能といい、雪が積もっている路面を走る性能のことを雪上性能と言います。

2つの性能は自分の使う用途や住んでいる地域によって、どちらを優先するかが変わってきます。

例えば都心に住んでいる人外気温の低下によるアイスバーンが多いため氷上性能の高いスタットレスタイヤを選ぶべきですし、

東北や降雪地域に住んでいる人なら雪上性能が高いスタットレスタイヤを選ぶべきです。

これら2つの性能を分けるのがゴムの材質で、ゴムの材質には吸水性のあるゴムと撥水性のあるゴムがあります。

吸水性のゴムは水を吸い込んで除水をしながら路面を掴んで、撥水性のゴムは水を弾いて路面を掴んで進むのが特徴です。

最近ではどちらも同じくらいの性能になってきているのですが、吸水性のゴムが柔らかくて凍結路面に強く、撥水性のゴムは引っかき能力が強いため積雪路に強いです。

ゴムの種類やトレッドパターンに応じてスタットレスタイヤの性能は変化します。

そのため使う状況などを明確にして性能でスタットレスタイヤを選びましょう。

スタットレスタイヤをメーカーで選ぶ

スタットレスタイヤをメーカーで選ぶのも良いかもしれません。

最近では海外製のタイヤやアジアンタイヤと呼ばれる輸入タイヤが安くて人気ですが、スタットレスタイヤのように明確に目的がある場合は安心の出来る国産タイヤのほうがいいです。

もちろん国産のメーカーでも製造国が国外なんてケースもあるのですが、メーカー・ブランドがついているぶん安心して履くことが出来ます。

また国産のタイヤは国内でテストをしているため、自分が使う状況に似ていることが多く、性能や使い心地がより自分と近いのもオススメできる要因の一つです。

車のタイヤは国産と輸入どっちがコスパ良い?整備士が比較してみた!どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。 タイヤ交換したいけど、どれを選べばいいかわからない。 勧められたけど...

スタットレスタイヤを価格で選ぶ

上記でも少し触れたように価格の安さから輸入タイヤの人気は上がってきています。

もちろん全てが悪いわけでは無いのですが、性能にばらつきが出たりするために国産タイヤに比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

なるべく安く済ませたくてタイヤだけ買う人がいるのですが、それは間違いです。

タイヤだけ購入して履き替え時にタイヤ交換をするという選択肢をとると、タイヤ交換にかかる工賃分損をしてしまいます。

そのためスタットレスタイヤを買うときは、ホイール毎買って脱着が楽なようにしておくと、履き替え時の工賃が低くなります。

またスタットレスタイヤは夏タイヤのようにエコタイヤでは無いので、燃費がどうしても下がってしまいます。

それを気にする人はタイヤをインチダウンして、燃費の向上を測るのが得策です。

一番スタットレスタイヤを買う時に安く済むのが通販やネットで購入する買い方です。

実際タイヤショップなどで国産タイヤを買っても、輸入タイヤを買っても、ネットや通販で買ったほうが安い場合がほとんどです。

スタットレスタイヤを買う時に選ぶ基準として値段はとても大切なので、出来るだけ通販やネットショップを利用するのが良いと思います。

オススメのスタットレスタイヤの買い方

スタットレスタイヤを買うときには

  • 性能
  • メーカー
  • 価格

この3つが大切でした。

出来るだけこの3つを重視しながら、良いスタットレスタイヤを見つけたいですよね。

前の章で少し触れましたが、性能やメーカーなどがわかりやすく、価格もお店で買うより安くなるのが通販やネットでタイヤを買う方法です。

通販で買うとレビューなども覗けるし、なにより値段が安いのでお得に購入することができます。

特にTIREHOODだと自分の車を入力して探せたり、タイヤサイズを指定しすればすぐにタイヤの価格とメーカーが出てくるのでタイヤ探しが楽です。

しかも購入と同時に近くのタイヤ交換が出来る店舗の予約まで出来るので、自宅で引き取って持っていくなどの面倒な作業が必要ありません。

また他のネットショップにはないタイヤ専門通販だからこそ出来る、全品パンク保証までついてくるので、安く変える上に安心してタイヤを履くことが出来るのです。

購入までに至らなくても、タイヤサイズや車で検索が出来てすぐにタイヤの価格が分かるので、他で買う時の指針としても使うことが出来ると思います。

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

まとめ

今回はスタットレスタイヤの選び方について解説していきました。

スタットレスタイヤを選ぶときは

  • 性能
  • メーカー
  • 価格

これら3つが大切な指針となります。

3つの選ぶ基準を知れば、自分に合ったスタットレスタイヤを選べると思うので参考にしてみてください。

またお店で買うより、ネット通販でスタットレスタイヤを買う方がお得なので、ぜひ活用してみてください。

タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

今回の記事がスタットレスタイヤ選びに悩んでいる人参考になれば幸いです。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定