自動車情報

エンジンオイルの基礎知識、ベースオイルって何のこと?

どうも整備士のナノです。

 

カー用品店に行くと「このエンジンオイルは〇〇油を使ってます」

みたいな宣伝しているの見かけませんか?

 

でも実際「〇〇油使ってます」と言われたって何のことかわからないですよね。

 

また、分からないから値段が適正なのか判断できないですし、

性能の善し悪しも区別できません。

 

なのでまずこの「〇〇油」に入る部分を理解しましょう。

この3つのどれかが入っています。

  • 鉱物油
  • 部分合成油
  • 化学合成油

この3つの油のことをベースオイルと言います。

 

下にいくに連れて性能が良くなります。

 

今回の記事では基礎知識として、

エンジンオイルの素となるベースオイルの種類

について解説していきます。

 

鉱物油最大のメリットは値段の安さ

まずは鉱物油から解説していきます。

 

鉱物油最大のメリットは価格の安さです。

と同時にそれが最大のデメリットとも言えます。

 

なぜなら値段の安さは性能の低さを物語っているからです。

 

ただ性能が低いというのは3つの中で比較した場合の話で、

普通にエンジンオイルとして使う分には問題ありません

 

むしろ1番使われている主流のベースオイルです。

 

ディーラーなどのオイル交換では、ほとんどこのベースオイルが使われています。

 

部分合成油はコスパがいい

部分合成油と聞くと他の2つに比べて、

難しく感じてしまうのですが、

このベースオイルは鉱物油と化学合成油が混ざった物です。

 

主成分は鉱物油で、

鉱物油の性能の低さを部分的に化学合成油を混ぜる事によって

性能を引き上げているのです。

 

なので、性能も値段も1番コスパが良いエンジンオイルなのです。

 

長距離を走る人や少しだけ良いオイルを入れたい人、

などにオススメできるベースオイルです。

 

化学合成油は至高のベースオイル

化学合成油は上の2つのベースオイルとは一線を画します。

 

取り除ける不純物を取り除き耐熱性や始動性を徹底的に求めた

高性能、高品質のベースオイルです。

 

その分値段も高性能(笑)なので、

レースに参加するようなスポーツカーや車好きなユーザーさん向けとなります。

 

カー用品店などで宣伝している、

「よくわからないけど高いエンジンオイル」の多くはこのベースオイルを使っています。

 

まとめ

今回の記事はベースオイルについて解説してみました。

 

  • 鉱物油は値段重視の人向け
  • 部分合成油はコスパ重視の人向け
  • 化学合成油は性能重視の人向け

といった感覚でベースオイルを選んでみるのが良いかも知れません。

 

ただベースオイルが良いからと言って、

極端にエンジンオイルの交換頻度が変わるわけでもないの注意しましょう。

オイル交換について知りたい人はコチラ!

 

もちろん性能が良い分劣化しにくいということはあるのですが。。

 

特にこだわりも重視するポイントもないのであれば、

ディーラーなどのオイル交換にも使われている

鉱物油ベースのエンジンオイルで良いと思います。

 

エンジンオイルで悩んでいる方、

またよく見かけるけど何のこといっているのか分からなかった人の参考になれば幸いです。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定