自動車情報

車の傷の消し方とは?DIYの傷隠しにはコンパウンドかタッチペン!

車に乗ってると予期せぬトラブルが起きることってありますよね。

それはエンジンの不調かも知れないし、タイヤのパンクかもしれません。

そんな時は整備工場などにお願いして、不良箇所を修理すると思います。

ですが車についた小さい傷のくらいだったらDIYで直せそうだと思いませんか?

表面的な擦り傷や塗装剥がれなどであれば、目立たないように隠したり、消したりすることが可能です。

それが出来るのがコンパウンドとタッチペン。

それで消せそうじゃないときは近くの修理工場に出すことも検討すべきです。

今回の記事ではそんなコンパウンドとタッチペンの傷の消し方について、詳しく解説していきたいと思います!

修理工場
【修理工場の選び方】メンテナンスは値段ではなく安心で選ぼう!どうも、整備士のナノです。 車を乗る上で欠かせないのがメンテナンス。 あなたは車のメンテナンスはどこでしていますか?...

車につく傷の種類

事故などの大きな破損を除いて、車につく傷は大きくわけて3つあります

  • 凹み傷
  • 擦り傷
  • 塗装剥がれ

凹み傷は何かぶつけた時などによく出来る傷で、部分的に窪んでたり、周りが歪んでたりします。

擦り傷はどこか擦ったりして引っ掻き傷みたいになる傷です。

塗装剥がれは擦り傷や凹み傷の周りから発生したり、経年劣化による錆で塗装が浮いてしまって出来たりする傷です。

塗装の劣化度合いによって酷さが変わり、最悪の場合周りもペリペリ剥がれてしまう可能性があるので、注意が必要です。

このうち消したり隠せるのは、擦り傷と塗装剥がれです。

凹み傷をDIYで隠そうとするのは難しく、パテ盛りなどの板金技術が必要になるため、下手に手を出さない方がいい傷でもあります。

またこれらの傷はガラスコーティングがかかってあると、被害が抑えられるため、コーティングをかけているかどうか?も傷には関係してくるところです。

車にガラスコーティングを掛けるメリットとは?ワックスとの違いも解説!どうも、整備士のナノです。 車のガラスコーティングとは、車を傷や腐食から守り 艶を出し続けたり汚れから車を守る物を言...

擦り傷と塗装剥がれの消し方

凹み傷以外の擦り傷と塗装剥がれは以下の2つの道具を使えば消すことが可能です。(傷の程度によります。)

  • コンパウンド
  • タッチペン

これら2つにはそれぞれ作業手順があります。

車についている汚れやゴミを取り除いてからの作業(洗車)という所までは一緒なのですが、その後が違うので、それぞれ詳しく解説していきます。

洗車は1番簡単なメンテナンス!整備士が解説する洗車をすべき理由とは?

コンパウンドを使って傷を消す方法

コンパウンドを使って傷を消す方法は塗装剥がれには使えませんが、擦り傷にはとても効果的です。

特に細かい傷や小さな擦り傷などなら、跡形もなく消してしまうことが出来ます。

このコンパウンドを使った作業手順は以下の通りです。

  1. 洗車(ノーワックスシャンプー使用)
  2. 綺麗なタオルにコンパウンドをつけて磨く
  3. 固く搾ったタオルで拭く

軽い傷ならこの簡単な3ステップで消すことが可能です。

もし消えきらなくても、また2番目の磨きからやれば徐々に薄くなっていくはずです。

ですがこのコンパウンドを使ったやり方には注意点があります。

この方法で傷を消そうとすると、傷部分だけでなく、周りも磨いてしまいます。

そのため車にかかっているコーティングやワックスまでも磨かれて削れてしまうので、その点は注意しましょう。

タッチペンを使って傷を消す方法

タッチペンを使って傷を消す方法は、細かい擦り傷にも塗装剥がれでも使うことが出来ます。

やり方は以下のように簡単です。

  1. 洗車(ノーワックスシャンプー使用)
  2. 垂れないようにタッチペン塗布
  3. 乾燥

これで完成します。

下地処理でコンパウンドを使ったりもするのですが、簡単な傷処理の場合やコーティングをそのままにしておきたい場合は、コンパウンドを使わずに仕上げても良いとも思います。

また塗装剥がれを隠すときは、めくれる部分をあらかた塗装を剥がしてからタッチペンを塗るのが良いです。

ただタッチペンでタッチアップ(補修)する時にも注意点があります。

それがカラーナンバーです。

車の色は同じに見えても、白の細かい種類・黒の細かい種類・ラメ入りなど、メーカーや車種によって様々なカラーパターンが展開されています。

そのためタッチペンを使う場合は、自分の車の色をしっかりと確認して、取り扱うようにしてください。

車についた傷をタッチペンで補修?タッチペンで出来る応急処置を解説!どうも、整備士のナノ(@nanoj5512)です。 運転中障害物に気づかないでコツンとぶつけたり、車に乗る時に荷物でボディ...

まとめ

今回は車の小さな傷の直し方について解説してみました。

コンパウンドやタッチペンを使った方法は、比較的誰でも簡単にできるのでやってみる価値はあると思います。

ですがコンパウンドで磨き過ぎたり、タッチペンのカラーナンバーが違って居るとさらに状況を悪化させかねないので、注意が必要です。

しっかりとやり方や効果、注意点を確認した上で作業に取り掛かりましょう!

今回の記事が小さな傷について困っている人の参考になれば幸いです。

故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定
故障して価値が落ちる前に…!
楽天の一括無料査定